1. ホーム >
  2. セミナー等のご案内 >

「第5回 研究助成論文報告会」

当財団は、生活者重視の観点から、わが国の郵便貯金とともに歩み発展してきた個人金融(パーソナルファイナンス)に焦点を絞り、その充実・発展のための基礎的、専門的な調査、研究を行っています。
また、当財団の公益事業の一環として研究者に対する研究助成を行ってきております。これまでは、「郵便貯金資金と直接的又は間接的に関係する研究に助成対象を絞って研究助成を募集してきましたが、平成19年度(2007年度)からは広く「金融市場に対する調査研究」を対象としております。
このたびの報告会は、平成22年度に研究助成をした完成論文について、それぞれの執筆者にその内容を簡潔に解説・報告していただきます。

開催日時 : 平成23年9月30日(月) 午後4:00〜6:00
開催場所 : メルパルク東京  5階 「瑞雲」の間 
        〒105-8582 東京都港区芝公園 2-5-20


内  容
報告者
報告テーマ
リコー経済社会研究所
栗林 敦子
「現代女性のライフコースと金融行動」
生活経済リスクとしての非婚・晩婚・離婚に女性はどう対応するか
新潟大学 教授
伊藤 隆康
「LIBOR−OISスプレッドを利用した世界金融危機における資金調達の逼迫度分析」
佐賀大学 准教授
三好 祐輔
「企業が証券会社に求める保険的役割に関する研究」
愛知大学 助教
早川 大介
「貯蓄銀行法施行以前の地方預貯金市場の一考察」
- 新潟県を事例に -

開催の詳細についてはこちらをご覧ください。(PDF)

開催模様

  
  
  

  一般財団法人ゆうちょ財団 ゆうちょ資産研究センター (研究助成報告会担当)
  〒101-0061 東京都千代田区三崎町3-7-4 ゆうビル2F
  TEL(03)5275-1814    FAX(03)5275-1805