1. ホーム >
  2. 調査研究 >
  3. 調査研究会

調査研究会

昭和58年(1983年)6月に貯蓄経済理論研究会(東京)を発足しました。部外研究者に研究の場を提供し、217回の研究会を開催して、研究会年報を21巻刊行してきました。
また、平成4年(1992年)8月に金融システム研究会(大阪)を発足し、110回の研究会を開催して、研究会報告書を12集刊行してきました。


両研究会とも熱心な調査研究活動を続けられ、平成18年(2006年)3月に終了し、ホームページに設けた「インターネット研究会」に移行しました。


平成18年5月からホームページに設けた「インターネット研究会」を通じ、研究者が参加して調査研究会を行っています。これは、実際の会合とインターネットによる議論を組み合せ、個人金融を主要テーマとして、調査研究を行うものです。
調査研究の成果は「貯蓄・金融・経済 研究論文集」として刊行しています。
論文集のうち一部の論文は、ホームページ上に設けたライブラリーで閲覧できます。


1 貯蓄経済理論研究会

研究者に研究の場を提供し、貯蓄を中心に、経済・金融に関する幅広い理論的研究を行い、原則として月1回研究発表会を開催してきました。
昭和58年(1983年)開始以来、平成18年(2006年)3月まで217回開催してきました。毎年、研究会の年報を作成、同報告書を21巻刊行してきました。


2 金融システム研究会

貯蓄経済理論研究会と同様、研究者に研究の場を提供し、変動する我が国の金融システムを基礎的、理論的、実証的分析を行うことを目的として行い、月1回会研究会を開催してきました。
本研究会は、平成4年(1992年)8月から開始以来、平成18年(2006年)3月まで110回開催してきました。毎年、研究会の「金融システム研究会報告書」を作成、同報告書を12集刊行しました。



このページの先頭へ戻る