1. ホーム >
  2. 調査研究 >
  3. 調査研究のテーマ >
  4. 金融情報通信技術と金融サービス

金融情報通信技術と金融サービス

目次

米国におけるインターネット・バンキング・サービスの現状と課題

要旨

1. 論点整理と米国銀行制度

  • 1. 金融環境の変化と論点の整理
  • 2. 定義
  • 3. 米国の銀行制度


2. インターネット・オンリー・バンクの展開と現況

  • 1. 概況
  • 2. 事例研究
  • 3. 成果と課題


3. 法律・行政面の課題

  • 1. 銀行業とインターネット
  • 2. 検査監督上の課題


4. 日本

  • 1. 日本のインターネット・オンリー・バンク
  • 2. 日本の課題




ITとリテール金融サービス

要旨

第一章 小口金融とITの現状

  • 第一節   ネット通販
  • 第二節   ネット銀行
  • 第三節   電子現金


第二章 将来の変化をもたらす背景要因

  • 第一節   ベンチャーキャピタルの実像
  • 第二節   中小企業金融


第三章 ITによる未来型金融:電子取引所の金融機能

  • 第一節   B2Bと電子取引所
  • 第二節   証券取引所とIT




デジタルネットワーク社会の到来と金融機関のあり方 

要旨

第1章   デジタルネットワーク社会への取り組みと現状

  • 1―1   デジタルネットワーク社会に向けた国家的プロジェクト:e-Japan戦略
  • 1―2   コンピューター能力の進化とインターネット利用の現状
  • 1―3   インターネットビジネスの進展と将来予測
  • 1―4   デジタルネットワーク社会の到来が社会経済構造に与える影響


第2章   IT革命の経済的意味

  • 2―1   情報の財としての特徴
  • 2―2   IT革命の経済的影響


第3章   IT革命の金融に与える影響

  • 3―1   近年の金融環境の激変
  • 3―2   金融の機能的アプローチと銀行システム
  • 3―3   IT革命と金融機能


第4章   新たな金融機関のあり方にむけた諸論:銀行を中心として

  • 4―1   金融の新潮流と金融仲介機関(銀行)のあり方
  • 4―2   決済専門銀行(ナローバンク)の可能性
  • 4―3   市場型金融システムの陥穽:通時的リスクシェアリングと金融仲介機関


第5章   むすび:新しい銀行像と郵便貯金



このページの先頭へ戻る