1. ホーム >
  2. 調査研究 >
  3. 調査研究のテーマ >
  4. 金融排除に関する調査研究報告書

金融排除に関する調査研究報告書

目次

総括と要約

第1章 ナショナル・ミニマムとしての小口・個人金融機会と金融排除

  • はじめに
  • 第1節  金融排除の定義
  • 第2節  市場の失敗がもたらす社会状況とその本質
  • 第3節  金融排除は起こしてはならない問題なのか
  • 第4節  生活権として保障されるべき基礎的金融サービス



第2章 民間金融機関による小口・個人,零細事業者・地域社会への金融機会の提供

  • 第1節  伝統的な個人向け総合金融サービスと対象顧客層
  • 第2節  プライベート・バンキング・サービスの大衆化には限界
  • 第3節  金融機関の空白地帯を埋められぬコンビニATMやネット銀行
  • 第4節  店頭取引と情報提供に対する顧客の強い需要
  • 第5節  金融排除を加速させる経済的諸要因



第3章 わが国における金融排除の実態に関するアンケート調査結果

  • 第1節  調査の目的と方法
  • 第2節  アンケート調査結果の分析



第4章 小口・個人に対する金融機会

  • 第1節  個人部門の資金調達
  • 第2節  個人部門の資金運用
  • 第3節  個人部門の資産の流動化



第5章 零細事業者に対する事業金融

  • 第1節  資金の調達
  • 第2節  零細事業者の財務状況
  • 第3節  零細事業者の金融排除



第6章 中小企業金融の特徴と金融排除

  • 第1節  中小企業金融分野における金融排除とは何か?
  • 第2節  先行調査研究の検討
  • 第3節  中小企業金融に影響を与える要因



第7章 地域別にみた中小企業金融と信用保証

  • 第1節  中小企業向け貸出の変化に関する地域別分析
  • 第2節  中小企業金融機関の経営危機問題が及ぼす影響
  • 第3節  信用保証・信用補完制度と金融排除



第8章   消費者保護・セーフティネット

  • 第1節  vulnerable consumersに対する金融排除
  • 第2節  消費者一般に対する金融排除 I
  • 第3節  消費者一般に対する金融排除 II ―サラ金等消費者信用関係―



おわりに(提言)



このページの先頭へ戻る