1. ホーム >
  2. 調査研究 >
  3. 調査研究のテーマ >
  4. 金融ビックバンにおける個人の金融資産選択行動-個人金融に関する研究会報告書-

金融ビックバンにおける個人の金融資産選択行動
-個人金融に関する研究会報告書-

目次

第1章 個人の資産選択行動の変化

  • 第1節  基本的問題意識
  • 第2節  高齢層の資産保有
  • 第3節  遺産動機
  • 第4節  若年世代の資産保有
  • 第5節  金融IT革新の重要性
  • 第6節  結びにかえて



第2章 不確実性の下での貯蓄行動

  • 第1節  はじめに
  • 第2節  所得の不確実性
  • 第3節  利子率の不確実性
  • 第4節  価格の不確実性
  • 第5節  寿命の不確実性



第3章 金融資産選択と内生的選好:文化と経路依存性

  • 第1節  はじめに
  • 第2節  内生的選好と規模の経済
  • 第3節  金融資産構成の歴史的経過:日米比較
  • 第4節  自由化と文化接触



第4章 危険資産に対する日本の家計の金融資産選択行動

  • 第1節  日本の家計の金融資産選択行動
  • 第2節  家計の金融資産選択行動の国際比較
  • 第3節  日本の家計の株式保有行動
  • 付論



第5章 勤労者世帯における株式投資信託の位置づけ

  • 第1節  家計における株式投資信託の保有状況
  • 第2節  従来の勤労者世帯の資産形成と前提条件の変化
  • 第3節  「経済的保険」としての株式投資信託
  • 第4節  確定拠出年金の導入で期待される投資教育
  • 第5節  勤労者世帯における株式投信の普及に向けて



第6章 金融サービスの品質評価と購買後行動

  • 第1節  はじめに
  • 第2節  サービス財としての金融商品
  • 第3節  金融商品取引に対する品質評価の構造
  • 第4節  金融機関に対する品質評価
  • 第5節  品質評価の影響



このページの先頭へ戻る