1. ホーム >
  2. 調査研究 >
  3. インターネット研究会

インターネット研究会

部外研究者と連携した調査研究

ホームページに設けた「インターネット研究会」を通じ、研究者が参加して調査研究会を行っています。これは、実際の会合とインターネットによる議論を組み合せ、個人金融を主要テーマとして、調査研究を行うものです。

その成果を「貯蓄・金融・経済 研究論文集」として刊行しています。

また、研究会で発表された論文の一部は研究論文(ライブラリー)』にて閲覧できます。


報告会 開催状況


東京研究会

2017年6月30日           

発表者 関東学院大学経済学部長   黒川 洋行
テーマ 「EUの銀行同盟における預金保険スキーム統合の展望
−金融システム安定化とモラルハザードのはざまで−」


発表者 明海大学経済学部教授   朝日 讓治
テーマ 「On the Easterlin Paradox
― Theoretical Aspects of the Happiness Function」


大阪研究会

2017年7月22日 

発表者 関西学院大学商学部教授   岡村 秀夫
テーマ 「マイクロキャップとIPO」


発表者 滋賀大学経済学部リスク研究センター客員研究員   中尾 彰彦
テーマ 「我が国におけるユニバーサルな住宅金融のあり方について」



研究会・報告会開催状況の一覧はこちら


このページの先頭へ戻る