1. ホーム >
  2. 刊行物 >
  3. 季刊 個人金融 >
  4. 季刊 個人金融 2017年夏号 >
  5. 要旨8

地域・中小金融機関の能力開発実態にみるOJT高度化の着眼点

 

西尾信用金庫 執行役員 企画部長

佐々木 城夛

要旨



情報・通信技術の飛躍的な発展が、いわゆるFintechとして金融機関にも大きな影響を及ぼしつつある一方で、地域・中小金融機関実態は、多数の人員を投入し“人力”でオペレーションをこなす水準にある。しかも、外部要因に促される形で商品・サービスは拡大の一途を辿り、“人力”側の内部ルール対応が追い付けない一面も認められる。
現状では、幅広い金融サービス提供には相応の知識・技術を持つ一定数の実務者が不可欠となっている。実務上では就業後の能力開発により対応する姿が平均的だが、能力開発部門の人員不足等を背景に、主に若年層に対する基本知識部分だけを外部・汎用型の機能を活用して開発する姿も珍しくなく、それ以外の開発がままならない金融機関も散見される。
これら実態への改善の着眼点として、中堅以上を含む能力開発対象者の平均的能力を把握し、外部機能を含めた能力開発手法の具体例を還元し、平均値との対比を通じて所属部門での日常の能力開発の高度化を促す施策を挙げる。