1. ホーム >
  2. 刊行物 >
  3. 季刊 個人金融 >
  4. 季刊 個人金融 2017年春号 >
  5. 要旨12

患者・利用者の視点からみた地域におけるヘルスケアの質について

 

埼玉学園大学大学院 経営学研究科ヘルスケアサービス・マネジメント 教授

一戸 真子

要旨



本論文は、地域包括ケアシステムの構築においては、これまでの施設中心から在宅中心へと地域におけるヘルスケアのあり方が大きく転換することに伴い、今後充実させるべき視点について論じたものである。在宅中心となることにより、患者・利用者の視点がより重要となること、セルフケア能力
の向上が求められること、高齢者や認知症患者の増加に具体的に対応するためには、予防の視点のみならず、終末期ケアの質の保証がより重要となってくること、在宅中心のケアの構築には、救急医療の質の保証が強く求められてくることについて考察した。