1. ホーム >
  2. 刊行物 >
  3. 季刊 個人金融 >
  4. 季刊 個人金融 2016年夏号

季刊 個人金融 2016年夏号


特集   データによる家族形態の多様化と生活設計


発行年月  2016年8月

近年、我が国の家族形態は多様化してきており、現在最も多い家族類型は家族1人の単身世帯となっています。税制・社会保障制度は、「夫婦と子の世帯」かつ「専業主婦の世帯」とする家族類型を前提に作られており、家族形態の多様化に伴いさまざまな課題が生じています。
本号では、様々なデータにより家族形態の多様化の動向を分析し、家族形態の変化に伴う課題を整理するとともに、税制・社会保障制度や生活設計の在り方などについて考察しました。

お申し込み方法はこちら

目次

をクリックすると、論文の要旨をご覧いただけます。

特集

  • NFRJ(全国家族調査)からみた日本の家族の変化  要約

    慶應義塾大学 文学部 教授    稲葉 昭英


  • 共働き社会と家族の機能:生活満足度に注目して  要約

    立命館大学 産業社会学部 教授    筒井 淳也


  • 家族の変動と貧困率の変化  要約

    関西学院大学 総合政策学部 准教授    四方 理人


  • 家族の変化と福祉の変化 要約

    東洋大学 経済学部 教授    中澤 克佳


  • 社会保障・税制・労働法制の被扶養配偶者モデルの見直しをどう実現するか 要約

    お茶の水女子大学 生活科学部 教授    永瀬 伸子


  • 家族形態の多様化と生活設計  要約

    日本女子大学 家政学部 教授    天野 晴子


  • 単身世帯の増加と金融機関に期待される役割  要約

    みずほ情報総研 主席研究員    藤森 克彦


調査・研究

  • キウィバンク(NZのゆうちょ銀行)の統治構造とビジネスモデルの分析
    Bゆうちょ銀行がキウィバンクの成功から得られる示唆−  要約

    滋賀大学 経済学部 リスク研究センター 客員研究員    中尾 彰彦


  • 米国大学のパーソナルファイナンス教育からの示唆  要約

    札幌学院大学 経営学部 准教授   橋長 真紀子


ニュース解説

  • 「ニッポン一億総活躍プラン」の概要

    一般財団法人ゆうちょ財団 貯蓄経済研究部長    織田 善則


  • 仮想通貨に関する改正資金決済法の概要

    一般財団法人ゆうちょ財団 貯蓄経済研究部長    織田 善則


経済金融の動き&ゆうちょの動き

ゆうちょ情報

  • 平成28年3月期 日本郵政グループ決算の概要(資料)
     株式会社ゆうちょ銀行(個別財務諸表)
     日本郵便株式会社(個別財務諸表)

書評

  • 佐藤 順子 編著「マイクロクレジットは金融格差を是正できるか」

    社会的金融 研究所代表・事業創造大学院 大学教授    唐木 宏一

  • 大庫 直樹 著「地域金融のあしたの探り方 ―人口減少下での地方創生と地域金融システムのリ・デザインに向けて」

    龍谷大学 経済学部 准教授     谷 直樹



このページの先頭へ戻る