1. ホーム >
  2. 刊行物 >
  3. 季刊 個人金融 >
  4. 季刊 個人金融 2010年冬号

季刊 個人金融 2010年冬号


特集   環境問題と個人金融

地球環境問題の解決に向けて、我が国でも、政府、企業、金融機関、家計(個人)などの連携した取組みが一層重要になってきています。その状況の中、解決策の一つとして、基礎的インフラである金融機能を活用する「環境金融」が注目されています。
本号では、環境金融の歴史・現状・課題を整理し、個人投資としての環境投資について考察しました。また、我が国の金融機関の環境問題への取組み状況、政府と金融機関が協力して環境事業の資金循環を作ったオランダのグリーンファンドについて解説しています。



発行年月          2010年2月

発行所       (財)ゆうちょ財団





目次

特集

  • 環境金融の現状と課題

    上智大学大学院地球環境学研究科 教授    藤井 良広


  • 個人投資家による「草の根SRI」を通じた人類・社会や環境への貢献

    (株)ニッセイ基礎研究所 取締役理事    神座 保彦


  • 個人の環境への投資(エコファンド)の最新動向

    (株)グッドバンカー 代表取締役社長   筑紫 みずえ


  • 環境金融に取り組む金融機関の動向

    (株)日本総合研究所 調査部金融ビジネス調査グループ 主任研究員    野村 敦子


  • グリーンファンド・スキームにみる環境問題解決に向けた新たな資金循環システム
    −政府支援と金融機関との協力関係の構築に関する実態把握を中心に

    三菱UFJリサーチ&コンサルティング(株) 環境エネルギー部 研究員    水谷 衣里


調査・研究

  • 少子高齢化社会の都市と社会資本

    同志社大学経済学部 教授    八木   匡


  • 郵政民営化の見直し − モデルとしてのニュージーランド −

    名古屋大学大学院経済学研究科 教授    家森 信善
    岡山大学大学院社会文化科学研究科 教授    西垣 鳴人


ニュース解説

  • 郵政株式処分停止法について

    (財)ゆうちょ財団 貯蓄経済研究部長    織田 善則


  • 中小企業金融円滑化法について

    (財)ゆうちょ財団 貯蓄経済研究部長    織田 善則


経済金融の動き&ゆうちょの動き

ゆうちょ情報

  • 平成22年3月期 日本郵政グループ 中間決算の概要(資料)
  • 平成22年3月期 ゆうちょ銀行 中間財務諸表の概要(資料)
  • 平成22年3月期 郵便局会社 中間財務諸表の概要(資料)

書評

  • 原田   泰著 「日本はなぜ貧しい人が多いのか―「意外な事実」の経済学」

    横浜国立大学経営学部・大学院国際社会科学研究科 教授    高橋 正彦

  • 井堀 利宏著 「誰から取り、誰に与えるか―格差と再分配の政治経済学」

    学習院大学経済学部 教授    三井   清

     



 

このページの先頭へ戻る