1. ホーム >
  2. 教育・研修 >お申込み方法(通信講座)

よくある質問 (通信講座)

全般

Q: 講座を受講したいのですが、申込み方法を教えてください
 A: 各講座とも、次の2点を確認した後、開講手続きをとらせていただきます
    @ ご希望講座の所定申込書に必要事項をご記入のうえ、FAX(または郵送)にて送信
     してください
    A 受講料を指定口座にお振り込みください(前納となります)
Q: 海外からの受講にも対応できますか 
 A: 海外にて受講される場合は、国内在住の方を介して受講いただくことになります
    ● 教材やレポートの採点結果・・・ 仲介者(国内在住の方)へ送付いたします
      ● レポートの提出は、海外から送付いただいても構いません  
    
※ 海外への直接送付(教材等)は、申し訳ございませんが対応でき兼ねます。
 Q: 講座の開講時期は決まっていますか
 A: 開講日(受講開始日)は、毎月1日・15日の2回となります
   ご入金の確認時期に応じて、当方で振り分けをさせていただきます(概ね、ご希望開講日の
   10日前を目安として手続きしてください) 。
 Q: 教材は、いつごろ届きますか
 A: 原則として、開講日の3日前までにはお届けしています
   なお、申込み完了時期(申込書の到着と受講料の着金確認を終えた時点)によって、
   若干異なる場合があることをご了承ください 。
 Q: 学習中に分からないことがあった場合、どうしたらよいのですか
 A: テキスト内容等に関する質問は、FAX送信にて対応しております
   「質問シート」またはテキスト等の該当箇所のコピーに、講座名・受講者名・連絡先(FAX番号
  を含む)をご記載のうえ、FAXにてお問い合わせください。担当スタッフが丁寧にお答えします。
   
※ 質問内容によっては、回答に1週間〜10日間程度かかる場合があります
 Q: 提出課題(レポート等)の採点結果は、いつごろ返送されますか
 A: 原則として、提出後5日〜2週間のお時間をいただいています
   なお、提出後20日を過ぎても成績通知表の返送が無い場合は、必ず当財団にご連絡ください。
 Q: 修了証はいつ発行されますか
 A: 原則として、受講期間満了後に、修了証を発行・送付いたします
  
ただし、最終の提出課題を添削し、修了要件を満たしている場合に限ります。
    なお、日本FP協会の「継続教育研修」として受講されている方で登録期限が間近な方に
  ついては、 特例対応もございますので、ご連絡ください 。
Q: 修了証を紛失しました。再発行はできますか  
A: 修了証は、再発行できます
   紛失された場合は、速やかに当財団までご連絡ください。
Q: 受講証明書を紛失しました。再発行はできますか 
 A: 受講証明書は、再発行できます
    紛失された場合は、速やかに当財団までご連絡ください。
    なお、受講証明書は、日本FP協会の継続教育規定に従い、受講日から3年間の保管が
   義務付けられています。



FP関連

Q: 2級FP技能士検定試験を受検したいのですが、受検要件を教えてください 
 A: 下記@〜Bのうち、いずれかに該当することが条件となります。
   @ 日本FP協会認定のAFP認定研修を修了した者(当財団のAFP養成講座が該当)
   A 3級FP技能士検定、または厚生労働省認定金融渉外技能審査3級の合格者
   B FP業務に関し、2年以上の実務経験を有する者
 Q: 2級FP技能検定には合格したが、AFP資格はどのようにして取得できますか
 A: AFP資格は、日本FP協会へ登録申請を行うことで、取得する資格です。
   なお、登録申請は、2級FP技能士の有資格者で、かつ同協会のAFP認定研修(当財団の
    
AFP特修講座が該当)を修了した場合に行うことができます。 
    
※ 詳しくは、同協会HPにてご確認ください。
 Q: CFP(r)資格審査試験を受験したいのですが、受験要件を教えてください
 A: 受験要件は、次のとおりです。
   @ 日本FP協会が認定するAFP資格認定者であること
   A 日本FP協会が認定する大学院で所定の課程(プログラムに
    対応する科目群)の単位を取得した場合
 Q: CFP資格認定までの概略を教えてください
 A: CFP(r)資格の認定条件は、次のとおりです。
   【 試験 】
      CFP(r)資格資産試験の全6課目に合格すること
                          (1課目ずつの受験および合格を認める)
   【 教育 】
      試験合格後に実務研修であるCFP(r)エントリー研修を受講し、修了すること
   【 経験 】
      3年間の実務経験を有すること
                   (試験合格前10年、後5年の期間の実務経験を対象)
   【 倫理 】
      協会が定める会員倫理規程等の諸規程を順守する旨の誓約を、所定の
     書面等にて行うこと
   ※ 詳細については、同協会HPにてご確認ください。
 Q: 1級FP技能士とCFP(r)資格の違いは何ですか
 A: 「1級FP技能士」は(日本の)国家資格、「CFP(r)資格」は国際ライセンスです。
    「CFP(r)資格」は、北米、アジア、ヨーロッパ、オセアニアを中心に世界24カ国・地域
    (2014年3月現在)で導入されている「世界が認めるプロフェッショナルFPの証」で、
    FPの頂点とも言えるものです。
     原則として一国一組織により資格認定が行われており、日本では、NPO法人日本FP協会が
    認定しています。



このページの先頭へ戻る